Last Modified:

Release Slack-v0.7.0PerlSlack

この文書は以前のバージョンv0.6.2とv0.7.0の変更点を記述しています。

このリリースには以前のバージョンと互換性の無い変更が含まれています。

インターフェースの追加

ありません。

インターフェースの変更

ありません。

インターフェースの削除

条件節における特別なキーextensionが廃止されました #10

以前のバージョンで非推奨となった形式{ extension => ... }の特別扱いが廃止されました。

副作用として、単に環境変数extensionとマッチさせたい場合に使用できるようになりました。

app->configが削除されました #9

以前のバージョンで非推奨となったapp->configが削除されました。

アプリケーションに設定を持たせたいのであれば、ユーザーが自分でアプリケーションクラスにconfigアクセサを実装できます。

実装の変更

RequestMethodごとに参照するパラメータを振り分ける処理の実装方法を変更しました #12

RequestMethodごとに参照するパラメータを振り分ける処理があまり上手く動いていなかったため、実装方法を変更しました。

Time::Pieceに対するパッチが削除されました

Time::Pieceへの対応はSlackがやるべきでは無いため削除されました。